前へ
次へ

ちょっとした工夫でできる台所を使った調理法

朝は忙しいからなるべく調理をしたくないと考えている人にとって、ちょっとした工夫でお弁当の準備が楽になります。複数の道具を使ってそれぞれ独自の調理法を行えば、簡単で確実な調理が可能といえるでしょう。持っている道具を上手に使えばいいので、新たに買う必要がないことも多いです。必要とするアイテムはごく少数で住み、家にあるもので代用が聞くことも多いため、参考にしてください。基本的に手軽に使えるアイテムとして知られているのが、炊飯器です。炊飯器を使ってご飯を炊くだけではなくお弁当のおかずも作れるでしょう。炊飯器でご飯を炊く時に、味付けした鶏肉などを入れて一緒に炊くことで、蒸し鶏を作ることができます。ポイントはご飯の上にアルミホイルを載せて鶏肉を入れることです。ラップよりも丈夫なので、安心して作ることができます。また、蒸らしている時間に冷凍食品を温めるのにも使えるため、参考にしてください。時間配分を考えることによって、簡単にお弁当のおかずを作ることができるのがガスコンロの魚焼きグリルです。特に両面焼き魚焼きグリルなら、短時間で複数の食材を並べて火にかけることで、一度に複数の料理を作ることができます。時間をずらして食材を加えることで、ちょっと難しい料理も簡単です。調理法に工夫をすることで、手軽に難しそうに見える料理と、朝食とお弁当のおかずを一度に作ることができるでしょう。電子レンジもシリコンスチーマーなどを活用することで、調理を短縮し、更にバリエーション豊富なお弁当を作ることができます。例として、電子レンジでベーコンエッグやサケのチャンチャン焼きなども作れるでしょう。更に、ホットケーキミックスを活用することでカップケーキを持っていくこともできます。おやつつきのお弁当なら、午後からの仕事や勉強もはかどるでしょう。複数の料理を一度に行う時には、必ず料理の内容を確認すること、更に手順を何度も繰り返して覚えることが必要です。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren8set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top